キックの種類

【永久保存版】初心者でも上手くなるアウトサイドドライブの蹴り方【5つのコツ】

  • フリーキックでカーブをかけたボールができない
  • ロべカルみたいなキックがしたい
  • 上手くアウトサイドで蹴れない。蹴り方を教えて!

一般的にサッカーを始めたころの初心者が「キックがうまく蹴れない」「結局何から始めればいいの?」と最初の一歩で挫折してしまうケースは非常に多いです。

私はサッカーコーチとして都道府県クラスのトレセン、J下部組織など、たくさんの選手を見てきました。しかしその間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしている選手たちを見てきました。

上手くなれるコツをわかりやすく教えたい

そこでこの記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば「キックが上手になったと感じることができる」を目指せるよう『サッカーのキックの基本』となるインパクトの仕方から上手くなるコツまでまとめて解説します。

この記事を読めば「ゼロからサッカーを始める初心者が思ったようにキックを蹴れるようになるまでに本当に必要な手順」が全て分かります。

すでにサッカーを始めていて「うまくいかずに悩んでいる」「さらに上手になりたい」と考えている場合は以下から読むことをオススメします。
»アウトサイドドライブの蹴り方【5つのコツ】

アウトサイドドライブはどんな場面で使うの?

アウトサイドドライブを試合で使う場面は次のような場面です。

  • GKの頭上を越えるようなシュート
  • GK、DFが予測できないフリーキック
  • ここ一番で狙うフリーキック

など様々な場面で使います。

瞬間的に爆発的なパワーを必要とするキックなので多用できません。

消耗が激しく試合では何度も多用はできませんのでここぞという場面で使ってくださいね。

アウトサイドドライブの蹴り方【5つのコツ】

アウトサイドドライブは足の外側全体で蹴る筋力が必要なキック。

足の外側からの広い面を上手に使いながら蹴ります。

蹴る足の筋力が必要なので、無理しないようにしましょう。

軸足の位置

アウトサイドキック

軸足の位置ですが、「軸足はボールの斜め後ろで蹴る方向とは違う方向に向ける」というのが基本です。

極端に違う方向に向けて蹴るといいです。

インパクトの場所

アウトサイドキック

インパクトの場所は、「ボールの中心から45度斜め下、テニスボール1個分くらいを蹴ると強いパスが蹴れます」足のインパクトの場所は、「小指の付け根から人差し指日本分くらい上から足の甲を使うといいでしょう」となります。

足首は伸ばすのではなくⅬ字に近い状態で当てる感じで蹴ります

アウトサイドキック

助走はボールの斜め後ろ、膝から下を素早く降ること、足首をしっかり固定することで、ボールが滑るように転がっていきます。

インパクトしてからフォロースルーまで蹴る方向と反対方向に力強く振り抜く

身体の使い方

ボールの斜め後ろから助走をスタート。小指が地面を擦るイメージでフォロースルー

インパクトの瞬間からフォロースルーまで力が伝わるように上半身でバランスをとり、パワーがしっかり伝わるように。

上手く蹴れるようになるコツ

軸足、ボールのインパクトの位置、足の蹴るポイントに注意しながら蹴るといいですよ。

軸足はボールの少し後ろ、ボールの斜め下を足の外側全体で押し出すように蹴るとボールに力を伝えやすい。

足のどこでインパクトするのがいいのかを感覚でつかむようにするのには、素足でボールを触ってみることをお勧めします。

ある元日本代表選手に聞いた話ですが、その選手はもらったスパイクをすぐに使用するのではなく、内側の皮を削ってぎりぎりの薄さにして使用していたということです。それだけ感覚を気にしていたということですよね。

アウトサイドキック
【アウトサイドキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめのアウトサイドキックの蹴り方を完全解説 狙ったところにボールが蹴れない… 色々なボールの蹴り方があってどうしていいか分からない 必死に頑張るから、上手に...

アウトサイドドライブの上手な選手

アウトサイドドライブ

とにかく圧巻の一撃

アウトサイドドライブのまとめ

ここまで、「アウトサイドドライブ」を解説してきました。

アウトサイドドライブはここぞという時に使いたいキックです。 

キックが上手になるにはとにかく練習をすることが大事ですが、何を気を付けて練習するのかが分かってないで練習していることが多いです。

実は、キックが上達するために必要なことを理解して練習することが大事です。

まとめ
  • 軸足はボールの斜め後ろに踏み込みしっかりテイクバック
  • ボールの中心から斜め下を足の甲全体で押し出すように蹴る
  • 足首をすこしL字型にしっかり固定し、小指が地面を擦るようなイメージで振り抜く
足でしっかり感覚をつかむためには素足で触ってみるのをおすすめします。そのあとはその感覚がしっかり伝わるスパイク、トレーニングシューズを選びましょう