キックの種類

【アウトフロントキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめのアウトフロントキックの蹴り方を完全解説

  • 狙ったところにボールが蹴れない…
  • 色々なボールの蹴り方があってどうしていいか分からない
  • 必死に頑張るから、上手に蹴れる情報を教えて!

一般的にさっかーを始めたころの初心者が「キックがうまく蹴れない」「結局何から始めればいいの?」と最初の一歩で挫折してしまうケースは非常に多いです。

私はサッカーコーチとして都道府県クラスのトレセン、J下部組織など、たくさんの選手を見てきました。しかしその間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしている選手たちを見てきました。

上手くなれるコツをわかりやすく教えたい

そこでこの記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば「キックが上手になったと感じることができる」を目指せるよう『サッカーのキックの基本』となるインパクトの仕方から上手くなるコツまでまとめて解説します。

この記事を読めば「ゼロからサッカーを始める初心者が思ったようにキックを蹴れるようになるまでに本当に必要な手順」が全て分かります。

すでにサッカーを始めていて「うまくいかずに悩んでいる」「さらに上手になりたい」と考えている場合は以下から読むことをオススメします。
» 目指せ脱初心者!思ったようにキックできるボールの蹴り方

アウトフロントキックの仕組みとは?軸足、インパクト、蹴り方

アウトフロントキックは足の甲の外側で蹴るキック。

サッカーの試合で相手の意表を突くキックで使われるキックです。

アウトフロントキックといっても、グラウンダー、ライナー、カーブなど多彩な種類のキックがあるんですよ。

ここでは、サッカーを始めたばかりの初心者の方にわかりやすいように軸足の位置、インパクトの場所、蹴り方を解説します。

軸足の位置

サッカー インサイドキック 軸足

軸足の位置ですが、「軸足はボールの真横に置き、少し離したところ」というのが基本です。

インパクトの場所

アウトサイドキック アウトサイドキック

インパクトの場所は、「ボールの中心からピンポン玉一つ横」足のインパクトの場所は、「足の甲の外側でボールの中央から外側に蹴る感じ」となります。

蹴り方

キックの特徴として、キックした足は外側に振り抜くことことで、ボールを擦るような感覚ではなく押し出すような感覚で蹴りましょう。

アウトフロントキックだけ蹴れるようになればサッカーは上手くなる?

これからサッカーを始めたばかりの初心者の方やサッカーを始めようとしている方にとっては、「上手くなるにはどうすればいいの?」

そんな不安を抱えている初心者の方も多いはず……

サッカーには様々なキックの種類があります。その中でも一番多く使われるであろうキックが「アウトフロントキック」なんですね。

なので、「アウトフロントキック」だけ突き詰めても大きなアドバンテージになります。

もちろん、ほかの「キック」「トラップ」「ドリブル」といった「蹴る」「止める」「運ぶ」といったサッカーの基本技術が土台とあっての話です。

アウトフロントキックの種類は?初心者でもわかる試合での使い方

アウトフロントキックには

といった種類があります。

ここでは、試合の場面でどのようなキックの種類の選択をしたらいいのかを解説します。

相手の意表を突くパス

相手の意表をついてDFの裏を突くようなキックで多いのが「アウトフロントライナー」「アウトフロントカーブ

1本のパスで決定的なチャンスを作れます。

GKとの1対1

GKとの1対1で確実に入れたいと思いませんか?

そんな時に使いたいのが「アウトフロントスナップ

至近距離の1対1でタイミングをずらすのに最適なキックです。

アウトフロントキックでも様々な種類があることが分かります。

アウトフロントキックが上達するために必要なこと

ここまで、「アウトフロントキックの基本」を解説してきました。

アウトフロントキックだけでも様々な場面で、キックの種類があることが分かったと思います。

なので、一般に言われている

  • 軸足はボールの真横
  • 足の甲の外側を使って蹴る
  • 蹴った後はしっかりと振り抜く

は上記で書いてありますが、これは本当に最初の最初のポイントです。

というのは、基本的で本当にボールを触ったことがない初心者が蹴れるようになるための最初の基礎知識だということです。

アウトフロントキックといっても、蹴り方はたくさんあり、場面場面で変える必要があるのです。 

キックが上手になるにはとにかく練習をすることが大事ですが、何を気を付けて練習するのかが分かってないで練習していることが多いです。

実は、キックが上達するために必要なことを理解して練習することが大事です。

1,2種類のキックが上手い選手はいますが、すべて上手いという選手というのはプロでもあまりいません

目指せ脱初心者!思ったようにキックできるボールの蹴り方

キックが上達するために必要なことは「足のどこでボールの蹴るべきところをピンポイントでとらえられるか?」が必要です。

ここまで、「アウトフロントキックの基本」を解説してきました。

は上記で書いてありますが、これは本当に最初の最初のポイントです。

本当に自分が思う通りのキックができるようになるには、自分だけの場所を見つけなければいけません。

アウトフロントキックが上手な選手の蹴り方を徹底解説!

ここでは、キックごとのインパクトのポイントをご紹介します。

アウトフロントライナー

アウトフロントライナー
【永久保存版】初心者でも上手くなるアウトフロントライナーの蹴り方【5つのコツ】 DFラインの裏に意表を突くようなキックを蹴りたい アシストを量産したい 裏へ抜けた選手への決定的なパスを蹴りたい...

アウトフロントカーブ

アウトフロントカーブ
【永久保存版】初心者でも上手くなるアウトフロントカーブの蹴り方【5つのコツ】 DFラインの裏に意表を突くようなキックを蹴りたい DFの裏を突いてアシストを量産したい 裏へ抜けた選手への決定的...

アウトフロントスナップ

アウトフロントスナップ
【永久保存版】初心者でも上手くなるアウトフロントスナップの蹴り方【5つのコツ】 DFラインの裏に意表を突くようなキックを蹴りたい GKとの1対1でシュートを決めたい 至近距離で裏へ抜けた選手へ...
上手な選手の蹴り方を見ると非常に参考になると思います。しかし、体格などは個人差がありますし、蹴りやすい軸足の置き方も個人差がありますから、個人個人のポイントをしっかりつかむようにしましょう。

アウトフロントキックのまとめ

今回はキックの中で最も使用頻度が高い「アウトフロントキック」について解説してみました。

まとめ
  • アウトフロントキックといっても様々な種類がある
  • キックが上手くなるためには「足のどこでボールの蹴るべきところをピンポイントでとらえられるか?」が必要
足でしっかり感覚をつかむためには素足で触ってみるのをおすすめします。そのあとはその感覚がしっかり伝わるスパイク、トレーニングシューズを選びましょう