キックの種類

【インステップキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめのインステップキックの蹴り方を完全解説

  • 狙ったところにボールが蹴れない…
  • ロングボールをもっと飛ぶように蹴りたい
  • 必死に頑張るから、上手に蹴れる情報を教えて!

一般的にサッカーを始めたころの初心者が「キックがうまく蹴れない」「結局何から始めればいいの?」と最初の一歩で挫折してしまうケースは非常に多いです。

私はサッカーコーチとして都道府県クラスのトレセン、J下部組織など、たくさんの選手を見てきました。しかしその間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしている選手たちを見てきました。

上手くなれるコツをわかりやすく教えたい

そこでこの記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば「キックが上手になったと感じることができる」を目指せるよう『サッカーのキックの基本』となるインパクトの仕方から上手くなるコツまでまとめて解説します。

この記事を読めば「ゼロからサッカーを始める初心者が思ったようにキックを蹴れるようになるまでに本当に必要な手順」が全て分かります。

すでにサッカーを始めていて「うまくいかずに悩んでいる」「さらに上手になりたい」と考えている場合は以下から読むことをオススメします。
» 目指せ脱初心者!思ったようにキックできるボールの蹴り方

インステップキックの仕組みとは?軸足、インパクト、蹴り方

インステップキックは足の甲付近で蹴るキック。

インステップキックは走っている時のフォームに似ているので、強く、遠くに蹴ることができるのが特徴です。

インステップキックといっても、グラウンダー、ライナー、カーブなど多彩な種類のキックがあるんですよ。

ここでは、サッカーを始めたばかりの初心者の方にわかりやすいように軸足の位置、インパクトの場所、蹴り方を解説します。

軸足の位置

サッカー インサイドキック 軸足

軸足の位置ですが、「軸足をボールの真横に置き、つま先はボールを出す方向に向ける」というのが基本です。

インパクトの場所

インステップキック

インパクトの場所は、「ボールの中心」足のインパクトの場所は、「足首近くの足の甲の中心部」となります。

蹴り方

  1. ボールの斜め後ろから助走を開始
  2. 軸足をボールの真横もしくは少し前に踏み込む
  3. 身体は斜めにしながら足首の甲の中心でボールの中心をとらえる
  4. 蹴り足をしっかりと振り切る

身体を弓のように使いながら力をしっかりと伝えるようにしましょう。

インステップキックだけ蹴れるようになればサッカーは上手くなる?

これからサッカーを始めたばかりの初心者の方やサッカーを始めようとしている方にとっては、「上手くなるにはどうすればいいの?」

そんな不安を抱えている初心者の方も多いはず……

サッカーには様々なキックの種類があります。シュートやロングボール、クリアなど、強く、遠くへボールを蹴るキックが「インステップキック」なんですね。

なので、「インステップキック」だけ突き詰めても大きなアドバンテージになります。

もちろん、ほかの「キック」「トラップ」「ドリブル」といった「蹴る」「止める」「運ぶ」といったサッカーの基本技術が土台とあっての話です。

インステップキックの種類は?初心者でもわかる試合での使い方

インステップキックには

といった種類があります。

ここでは、試合の場面でどのようなキックの種類の選択をしたらいいのかを解説します。

ゴール近くでのシュート

ゴール前のシュートシーンで圧倒的に使用機会が一番多いのが「インステップストレート

素早い足の振りを活かしてゴールを量産。

【永久保存版】初心者でも上手くなるインステップストレートの蹴り方【5つのコツ】 強烈なプロのサッカー選手のようなキックを蹴りたい 強烈なシュートを決めたい 一般的にサッカーを始めたころの初...

早く鋭いパス

ビルドアップやDFからの前線へのパスに使えるのが「インステップグラウンダー」正確性もあり、スピードもあるキックです。

前方にパスを出したいときに最も多く使われるパスです。

インステップグラウンダー
【永久保存版】初心者でも上手くなるインステップグラウンダーの蹴り方【5つのコツ】 早く鋭いパスを蹴りたい 前線の選手へDFからキラーパスを出したい 一般的にサッカーを始めたころの初心者が「キ...

ロングパス

前線へロングキックでパスを出してみたいと思いませんか?

そんな時に使いたいのが「インステップライナー

相手の頭上を越してロングパスを送ることができます。

スピードのあるキックでライナー性の浮き球にすればあっという間に相手の頭上を越えて味方にパスをすることができます。

インステップライナー
【永久保存版】初心者でも上手くなるインステップライナーの蹴り方【5つのコツ】 前線の選手へ早く鋭いパスを蹴りたい 相手の頭上を越してロングフィードしたい 一般的にサッカーを始めたころの初...

滞空時間、飛距離のあるキック

ゴールキックや長い距離のフリーキックなど頭上から落下してくる軌道を描くのが「インステップアッパー」です。

ライナー性のパスと違い、身長の高い選手の頭に合わせるなど、空中戦を優位に戦える場合は有効なキックとなります。

シュート

ゴール前でクロスボールが来た時に確実にゴールを決めたい!そんな時によく使われるのが「インステップボレー」

鋭い弾道に変えて力強いシュートを決めましょう。

インステップキックでも様々な種類があることが分かります。

インステップキックが上達するために必要なこと

ここまで、「インステップキックの基本」を解説してきました。

インステップキックだけでも様々な場面で、キックの種類があることが分かったと思います。

なので、一般に言われている

  • 軸足はボールの真横
  • つま先はボールを出す方向に向ける
  • 足の甲でインパクト
  • ボールの中心を捉えるように蹴る
  • 蹴った後はまっすぐに脚を振り抜く

は上記で書いてありますが、これは本当に最初の最初のポイントです。

というのは、基本的で本当にボールを触ったことがない初心者が蹴れるようになるための最初の基礎知識だということです。

インステップキックといっても、蹴り方はたくさんあり、場面場面で変える必要があるのです。 

キックが上手になるにはとにかく練習をすることが大事ですが、何を気を付けて練習するのかが分かってないで練習していることが多いです。

実は、キックが上達するために必要なことを理解して練習することが大事です。

1,2種類のキックが上手い選手はいますが、すべて上手いという選手というのはプロでもあまりいません

目指せ脱初心者!思ったようにキックできるボールの蹴り方

キックが上達するために必要なことは「足のどこでボールの蹴るべきところをピンポイントでとらえられるか?」が必要です。

ここまで、「インステップキックの基本」を解説してきました。

は上記で書いてありますが、これは本当に最初の最初のポイントです。

本当に自分が思う通りのキックができるようになるには、自分だけの場所を見つけなければいけません。

自分のキックのポイントの見つけ方

自分のキックのポイントを見つけるということは、ボールの蹴るポイントと自分の足の当てるポイントを合わせる必要があります。

ピンポイントで合わせるためには、ボールに当たる足の感覚を研ぎ澄ませなければいけません。

私がおススメしたいのは

ポイントの合わせ方
  • 素足でボールを触る
  • 素足でボールのポイントと足のポイントを合わせる
  • 素足でボールのポイントと足のポイントを合わせて軽く蹴る

このようにしていくと、自分の足の感覚が研ぎ澄まされて、「足の甲のどこに当てればいいのか」「指はどうすればいいのか」といったことがどんどんわかってきます。

というのを最初に確認してから、スパイク、トレーニングシューズを履いて蹴ってみることで、ポイントを合わせる感覚がつかみやすくなります。

これは余談ですが、ある元日本代表選手のお話では、「スパイクは履く前に必ず内側の皮を削って薄くしてから使っていた」という話を聞いたことがあります。

そこまで感覚というのを大事にしていたんだなと思えるお話でした。

インステップキックが上手な選手の蹴り方を徹底解説!

ここでは、キックごとのインサイドキックが上手な選手をご紹介します。

インステップストレート

インステップグラウンダー

インステップライナー


インステップアッパー

無回転シュート

インステップボレー

上手な選手の蹴り方を見ると非常に参考になると思います。しかし、体格などは個人差がありますし、蹴りやすい軸足の置き方も個人差がありますから、個人個人のポイントをしっかりつかむようにしましょう。

インステップキックのまとめ

今回はキックの中で最も使用頻度が高い「インステップキック」について解説してみました。

まとめ
  • インステップキックといっても様々な種類がある
  • キックが上手くなるためには「足のどこでボールの蹴るべきところをピンポイントでとらえられるか?」が必要
足でしっかり感覚をつかむためには素足で触ってみるのをおすすめします。又、デザインなどにこだわるよりも、感覚がしっかり伝わるスパイク、トレーニングシューズを選ぶようにしましょう!!