キックの種類

【永久保存版】初心者でも上手くなるインサイドグラウンダーの蹴り方【5つのコツ】

  • 強いグラウンダーのボールができない
  • まっすぐ早く転がらない
  • ボールが浮いてしまう

一般的にサッカーを始めたころの初心者が「キックがうまく蹴れない」「結局何から始めればいいの?」と最初の一歩で挫折してしまうケースは非常に多いです。

私はサッカーコーチとして都道府県クラスのトレセン、J下部組織など、たくさんの選手を見てきました。しかしその間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしている選手たちを見てきました。

上手くなれるコツをわかりやすく教えたい

そこでこの記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば「キックが上手になったと感じることができる」を目指せるよう『サッカーのキックの基本』となるインパクトの仕方から上手くなるコツまでまとめて解説します。

この記事を読めば「ゼロからサッカーを始める初心者が思ったようにキックを蹴れるようになるまでに本当に必要な手順」が全て分かります。

すでにサッカーを始めていて「うまくいかずに悩んでいる」「さらに上手になりたい」と考えている場合は以下から読むことをオススメします。
»インサイドグラウンダーの蹴り方【5つのコツ】

インサイドグラウンダーはどんな場面で使うの?

インサイドグラウンダーを試合で使う場面は次のような場面です。

  • 自陣からのビルドアップや中盤でのパス回し
  • 攻撃になっている時のくさびを入れるような仕掛けのパス
  • 至近距離での狙いすましたシュート

など様々な場面で使います。

特に攻撃の時にFWにくさびを入れる縦パスは、正確で速いグラウンダーのパスは最適です。

味方の位置、状況に応じてパスのスピードに変化をつけましょう。

インサイドグラウンダーの蹴り方【5つのコツ】

インサイドグラウンダーは足の内側の広い面で蹴るキック。

足の内側からの広い面を上手に使いながら蹴ります。

ボールが浮いてしまう人は、インパクトの瞬間に気を付けながらボールの横に軸足がしっかりくるようにしましょう。

軸足の位置

サッカー インサイドキック 軸足

軸足の位置ですが、「軸足をボールの真横に置き、つま先はボールを出す方向に向ける」というのが基本です。

インパクトの瞬間にボールの横に軸足があるようにしましょう。

インパクトの場所

サッカー インサイドキック インパクト

インパクトの場所は、「ボールの中心を蹴るとまっすぐに強いパスが蹴れます」足のインパクトの場所は、「土踏まずからかかとの辺りでボールの中心を捉えるように蹴る」となります。

強い早いパスを出すときには、反発力のあるかかと付近を使うと強いパスが出せます。

蹴り方

サッカー インサイドキック

足の内側の広い面でボールの中心に当てるので、蹴る瞬間に股関節を大きく外向きにひねることで、ボールに当たる面積が広くなるように蹴りましょう。

足首がぐらついているとキックミスになるので、しっかり固定しましょう。

身体の使い方

助走は長くとりすぎず、蹴る足がスムーズに蹴りだした方向にまっすぐ振り抜くようにしましょう。

ボールを体全体で押し出すイメージで蹴ると、パワーが最後まで伝わります。

上手く蹴れるようになるコツ

軸足、ボールのインパクトの位置、足の蹴るポイントに注意しながら蹴るといいですよ。

軸足はボールの真横、ボールの中心を見る、くるぶしの下やかかとに近い部分で蹴るとボールに力を伝えやすい。

足のどこでインパクトするのがいいのかを感覚でつかむようにするのには、素足でボールを触ってみることをお勧めします。

ある元日本代表選手に聞いた話ですが、その選手はもらったスパイクをすぐに使用するのではなく、内側の皮を削ってぎりぎりの薄さにして使用していたということです。それだけ感覚を気にしていたということですよね。

【インサイドキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめのインサイドキックの蹴り方を完全解説 狙ったところにボールが蹴れない… 色々なボールの蹴り方があってどうしていいか分からない 必死に頑張るから、上手に...

インサイドグラウンダーの上手な選手

シャビ選手のインサイドグラウンダー

味方の状況に応じたパスで非常に勉強になります。

インサイドグラウンダーのまとめ

ここまで、「インサイドグラウンダー」を解説してきました。

インサイドグラウンダーは使用頻度が高く、スピードと正確性が求められるキックです。 

キックが上手になるにはとにかく練習をすることが大事ですが、何を気を付けて練習するのかが分かってないで練習していることが多いです。

実は、キックが上達するために必要なことを理解して練習することが大事です。

まとめ
  • 軸足はボールの横
  • ボールの中心を蹴る
  • 強いパスは反発力が高いくるぶし下からかかとの付近で蹴る
足でしっかり感覚をつかむためには素足で触ってみるのをおすすめします。そのあとはその感覚がしっかり伝わるスパイク、トレーニングシューズを選びましょう