キックの種類

【永久保存版】初心者でも上手くなるインサイドドライブの蹴り方【5つのコツ】

  • 漫画のようなドライブシュートを決めてみたい
  • フリーキックでドライブをかけたキックを蹴りたい。
  • ドライブシュートのキックの仕方を教えて!

一般的にサッカーを始めたころの初心者が「キックがうまく蹴れない」「結局何から始めればいいの?」と最初の一歩で挫折してしまうケースは非常に多いです。

私はサッカーコーチとして都道府県クラスのトレセン、J下部組織など、たくさんの選手を見てきました。しかしその間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしている選手たちを見てきました。

上手くなれるコツをわかりやすく教えたい

そこでこの記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば「キックが上手になったと感じることができる」を目指せるよう『サッカーのキックの基本』となるインパクトの仕方から上手くなるコツまでまとめて解説します。

この記事を読めば「ゼロからサッカーを始める初心者が思ったようにキックを蹴れるようになるまでに本当に必要な手順」が全て分かります。

すでにサッカーを始めていて「うまくいかずに悩んでいる」「さらに上手になりたい」と考えている場合は以下から読むことをオススメします。
»インサイドドライブの蹴り方【5つのコツ】

インサイドドライブはどんな場面で使うの?

インサイドドライブの威力が発揮されるのは近距離のフリーキックです。

ゴール前の近距離のフリーキックで使えるとチームの大きな武器となります。

ドライブ回転のかかったボールだと、GK、DFの脅威となるのでフリーキックやサイドからのクロスで蹴れるようになると威力抜群です。

インサイドドライブの蹴り方【5つのコツ】

インサイドドライブは内転筋が重要

インサイドドライブは蹴れると大きな武器ですが、内転筋の負荷が大きく、ジュニア年代、ジュニアユース年代で多用するのは怪我のもととなります。

このようなキックは蹴れると楽しいですが、体の成長と発達に合わせて練習しましょう。

ここでは、軸足の位置、インパクトの場所、蹴り方、体の使い方、上手に蹴れるようになるコツを解説します。

軸足の位置

サッカー インサイドキック 軸足

軸足の位置ですが、「軸足をボールの真横に置き、しっかりと地面をつかむように踏み込む」というのが基本です。

ボールのほぼ真横において蹴るのはインサイドキックの基本ですが、助走を長めにとってパワーを伝えるので、しっかり踏み込むようにしましょう。

インパクトの場所

インサイドカーブライナー

インパクトの場所は、「ボールの中心からピンポン玉2つくらい下を上に振り抜くように蹴る。」足のインパクトの場所は、「足の内側で骨が出ている固い場所でインパクトする」といいでしょう。

助走からのスピードパワー。バックスイングからインパクトまでのパワーをボールに伝えるようなイメージで蹴ると鋭く曲がります。

蹴り方

インサイドドライブ

足の内側の固い面でボールに当てるので、蹴る瞬間に股関節を大きく外向きにひねることが一つのポイント。

ボールへのアプローチは長め、前傾姿勢を保って足首をやや上に上げて上方向に振り抜く。

身体の使い方

サッカー インサイドカーブグラウンダー

グラウンダーカーブの時と同じく、体を蹴る足と反対の軸足に重心をしっかり傾けて、体全体のばねを使って振り抜くようにしましょう。

ボールを上から下に突き上げるイメージ

上手く蹴れるようになるコツ

ボールの後ろから助走をして、スピードとパワーを持った状態を作る。

インパクト後はまっすぐ上に振り抜く

足のどこでインパクトするのがいいのかを感覚でつかむようにするのには、素足でボールを触ってみることをお勧めします。

ある元日本代表選手に聞いた話ですが、その選手はもらったスパイクをすぐに使用するのではなく、内側の皮を削ってぎりぎりの薄さにして使用していたということです。それだけ感覚を気にしていたということですよね。

【インサイドキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめのインサイドキックの蹴り方を完全解説 狙ったところにボールが蹴れない… 色々なボールの蹴り方があってどうしていいか分からない 必死に頑張るから、上手に...

インサイドドライブの上手な選手

様々な名手を見ながら良いイメージを作りましょう。

インサイドドライブのまとめ

今回は「インサイドドライブ」について解説してみました。

インサイドドライブはゴール前の近距離のフリーキック、サイドからのクロスに有効ですが、体の発達が未熟なうちは無理をしないようにしましょう。

是非習得したいキックですが、無理をしないようにしてください。

まとめ
  • ボールの真後ろから助走をして、前傾姿勢のまま踏み込む
  • 内転筋の力で、ボールの下から上に振り抜く
  • 足の固い部分とボールのインパクトの位置を合わせる
足でしっかり感覚をつかむためには素足で触ってみるのをおすすめします。そのあとはその感覚がしっかり伝わるスパイク、トレーニングシューズを選びましょう