キックのコツ

サッカーのキック力は筋肉じゃない?キック力が上がる2つのコツ

  • DFラインの裏にロングキックを蹴りたい
  • 強烈なシュートを決めたい
  • 裏へ抜けた選手への決定的なパスを蹴りたい

一般的にサッカーを始めたころの初心者が「キックがうまく蹴れない」「結局何から始めればいいの?」と最初の一歩で挫折してしまうケースは非常に多いです。

私はサッカーコーチとして都道府県クラスのトレセン、J下部組織など、たくさんの選手を見てきました。しかしその間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしている選手たちを見てきました。

上手くなれるコツをわかりやすく教えたい

そこでこの記事では、初心者でも迷わずに努力さえすれば「キックが上手になったと感じることができる」を目指せるよう『サッカーのキックの基本』となるインパクトの仕方から上手くなるコツまでまとめて解説します。

この記事を読めば「ゼロからサッカーを始める初心者が思ったようにキックを蹴れるようになるまでに本当に必要な手順」が全て分かります。

すでにサッカーを始めていて「うまくいかずに悩んでいる」「さらに上手になりたい」と考えている場合は以下から読むことをオススメします。
»キック力を上げる動きのポイント

キック力がすぐに上がるコツ2つ

サッカー キック力

実はキック力を上げるにはたった2つのことを気を付けるだけです。

  • 全身の動きをうまくボールに伝える
  • 足のスイングスピードを上げる

サッカーでキック力を上げるのに必要なことは、この2つだけ。

全身の運動エネルギーをボールに伝え、足のスイングスピードが速ければどんな体格の人でもボールを遠くに蹴ることができます。

ボールを飛ばせない人の多くの原因はこの2つです。

足だけで蹴ろうとすると、どうしても体が大きく力のある人でないと難しいです。

キック力を上げる動きのポイント

サッカー キック力

キックは全身運動のエネルギーをいかにボールに伝えるかがポイント。

エネルギーを正確い伝える技術があれば、小学生でも大人並みにボールを飛ばすことが可能です。

体のサイズに関係なく全身の力を使えばキック力を上げることが可能です。

では、キック力を上げるポイントについて解説していきましょう。

キック力を上げるには関節の動きが大事

いかに体が大きく力がある人でも、ボールを遠くに蹴るには脚力や筋力だけではスピードも飛距離も上がりません。

どんなに鍛えた選手でも、片脚だけの筋力だけではロングキックやスピードのあるシュートというのは蹴れません。

とにかくキックするには脚の力だけでは足らないってことです。

人間の筋力では速度を上げるには大きな溜が必要になります。わかりやすく言うならデコピンの時に力を貯めて一気に開放すると、スピードが出ますがキックも同じです。

  • エネルギーの流れは「腰⇒ヒザ⇒足首⇒足先」となるように、バックスイングをしっかりとる。
  • 助走のエネルギーを利用してエネルギーをボールに伝える
  • 上半身から足先までが弓なりになるようにし、力を一気に開放する

キック力を上げるにはインパクトの位置も大事

インパクトの時にも大事なポイントがあります。

ボールにしっかりエネルギーを伝えられても、インパクト時に反発力を与えられなければせっかくのエネルギーも半減してしまいます。

簡単に言うと、スポンジと金属ならどちらが弾むかということです。

当然固い金属のほうが反発力がありますから、金属のほうが弾みます。ということは脚のインパクトの位置も同じ。

脚の固い部分などにボールを当てること、筋肉をしっかり緊張させ足関節を固定することで、キック力を上げることができるんです。

  • キックするときのインパクトの位置は固い部分を使う
  • インパクトの瞬間に足関節をしっかりと固定する
足のどこでインパクトするのがいいのかを感覚でつかむようにするのには、素足でボールを触ってみることをお勧めします。

ある元日本代表選手に聞いた話ですが、その選手はもらったスパイクをすぐに使用するのではなく、内側の皮を削ってぎりぎりの薄さにして使用していたということです。それだけ感覚を気にしていたということですよね。

インフロントキック
【インフロントキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめインフロントキックの蹴り方を完全解説 狙ったところにボールが蹴れない… 色々なボールの蹴り方があってどうしていいか分からない 必死に頑張るから、上手に...

ロングキックが蹴れるキックの種類

サッカー キック力

キック力を上げたいという人の多くが、ロングキックを蹴りたいという願いがあると思います。

ロングキックを蹴るのに適しているのは

  • インステップストレート
  • インステップグラウンダー
  • インステップライナー
  • インステップアッパー
といったインステップ系のキックが最適です。スピードが出るシュートを蹴る時にも最適なキックです。
インステップキック
【インステップキックとは?】本気で上手くなりたい初心者におすすめのインステップキックの蹴り方を完全解説 狙ったところにボールが蹴れない… ロングボールをもっと飛ぶように蹴りたい 必死に頑張るから、上手に蹴れる情報を教...

インステップキックが上手な選手の蹴り方を徹底解説!

ここでは、キックごとのインサイドキックが上手な選手をご紹介します。

インステップストレート

インステップグラウンダー

インステップライナー


インステップアッパー

無回転シュート

インステップボレー

上手な選手の蹴り方を見ると非常に参考になると思います。しかし、体格などは個人差がありますし、蹴りやすい軸足の置き方も個人差がありますから、個人個人のポイントをしっかりつかむようにしましょう。

サッカーでキック力が上がるためのコツまとめ

ここまで、「キック力を上げるためのコツやポイント」を解説してきました。

ロングキックや威力のあるシュートを蹴れるようになるには、ボールに全身運動のエネルギーを伝えることと、インパクト時に反発力が必要です。 

キックが上手になるにはとにかく練習をすることが大事ですが、何を気を付けて練習するのかが分かってないで練習していることが多いです。

実は、キックが上達するために必要なことを理解して練習することが大事です。

まとめ
  • 全身の動きをうまくボールに伝える
  • 足のスイングスピードを上げる
  • エネルギーの流れは「腰⇒ヒザ⇒足首⇒足先」となるように、バックスイングをしっかりとる。
  • 助走のエネルギーを利用してエネルギーをボールに伝える
  • 上半身から足先までが弓なりになるようにし、力を一気に開放する
  • キックするときのインパクトの位置は固い部分を使う
  • インパクトの瞬間に足関節をしっかりと固定する
足でしっかり感覚をつかむためには素足で触ってみるのをおすすめします。そのあとはその感覚がしっかり伝わるスパイク、トレーニングシューズを選びましょう